HOME

粗大ゴミ回収方法

今まで生きてきた中でもっとも大きな粗大ごみは何と言っても元旦那でした。実際体も100キロ以上あって大きかったのですが「ゴミ」はちょっと言い過ぎなのかとも思います。ですから、神戸には不用品回収の事業をその他で一番大型の不用品と言えば掃除機!昨今はロボット掃除機、スティック掃除機と掃除機もコンパクトなものが大衆を惹きつけています。うちもロボット掃除機にあこがれつつ、もう少しとスティック掃除機でせっせと掃除している身です。やっぱりスティック掃除機はササっと使えて便利!最高です。この掃除機の前に頑張って使っていたのが今回の主役の丸い掃除機です。訪問販売にひっかかり買った、うちのようなウォーキングクローゼットを入れたってどう考えても広いとは言えない不用品回収でも神戸からはマンションの家庭用としてはあり得ない大きさの業務用掃除機です。

粗大ゴミ回収に費用を掛けない

確かにホコリはよく吸いパワーは申し分ありません。でも重たいしコンセントも長くて「掃除をしなきゃ」とその掃除機が目に浮かぶだけでストレスになる程でした。半年も使わないうちにお蔵入りしました。少しでも目にすると不快なので見えない場所に奥深くしまっていたのですが捨てるのには長い時間がかかりました。買った時以上に勇気が必要だったのです。何と価格が40万円。ローンを組んで払い終わるのに8年もかけました。払い終わるまでは何となく捨てられずにいました。あとローンが一年になった頃には販売元が詳しい理由は分からないものの倒産したらしく、うちがカモリストか何かにあったのでしょう「丸い掃除機の残りのローンを半額に出来るので…」というような詐欺っぽい電話が何度もかかってきて本当に不愉快でした。もちろん相手にはしませんでしたがその時「確かに丸い掃除機」と悲しいかな納得して増々見るのがイヤになりました。

粗大ゴミ回収の費用相場

そしてローンが払い終わり何となく「卒業」という勝手な区切りが出来たので半額くらいにはなるだろうと見込んで不用品回収業者に来てもらい査定してもらったところ何とゼロ円と言われ、うちは22階なのですが、ベランダから頭を下にして落ちて行く感じでした。でも途中で「卒業」と言う文字が助けに来てくれて引き取ってもらうことにしました。10階位まで落下して最上階まで上昇して「イエィ!」とうちのベランダに戻った感じです。リアルに回収業者のトラックを見下ろし「バイバ~イ」全力で手を振って心はスッキリでした。

クリニックラボクリニックの教科書医療ナビ医療ラボ健康ナビクリニック集客ノウハウ病院ネット病院ラボ病院の教科書病院ナビクリニックナビ