不用品回収は猫が教えてくれた

私は、大事にしていることがあります。片付けを頼んでゴミ屋敷で清掃できる神戸の業者は大型不用品回収を積極的にすることです。昔、私の家にはカワイイ猫がいました。しかし、ある時、地震で使わなくなった大型タンスの下敷きになり、私のカワイイ猫が亡くなってしまったのです。私はそれ以来、無駄な大型不用品を不用品回収することに決めています。あの時に、私の猫が亡くなったのも意味があったのでしょう。神戸から不用品回収できるところを なにがきっかけで、大型不用品回収を積極的にしようと考えるかは、人それぞれだと思います。私の場合は猫が教えてくれました。私は部屋にあるものは、必要のある物に限定しようと思っています。そうしないと、たとえば地震などで、物が倒れてダメージを負ってしまう可能性があるからです。必要であるかどうかは、私独自の基準で考えています。私はできるだけ物を少なくしようといつも考えているのです。新しい物を購入する時はその新しい物が増える分、なにかを削ろうと頑張っています。あのゴミ屋敷を神戸で片付け、清掃するのはと新しい物を購入する時に代わりの不用品を処分する感じです。私は物が少ないことを誇りに思っています。それだけ物が少ないのは気分がいいのです。私にとって、不用品を処分するということは非常に大切なことなのです。私の猫が教えてくれた大事なことをこれからも大切にしていきたいと思います。