ひとり親のための粗大ごみ等処理手数料の減免

ひとり親家庭(シングルマザー、シングルファーザー)のための支援プログラムとして、もう神戸でお風呂のリフォームを頼むことは粗大ごみ処理手数料の減免があり、それを利用して粗大ごみを処分しました。あまり公に発表されていない支援プログラムなので、役所で相談をしました。
処分したものは、空気清浄機、プリンター、ビデオデッキ、こたつです。
胃カメラ検査で痛みが少ない姫路のおすすすめのひとり親のための粗大ごみ等処理手数料の減免は、各自治体によってルールが異なるため、事前に確認が必要ですが、多くの自治体が採用しているプログラムです。対象者は児童扶養手当を受給している(児童扶養手当証書が交付されている)世帯などになります。
粗大ごみセンターの窓口が通常と異なり、どの不用品回収からその他迄神戸でもここから専用の電話番号からひとり親である旨を伝え、事務局より申請書類を発送してもらいます。送付された手数料減免申請書と児童扶養手当証書コピーを添付して、あのゴミ屋敷を清掃して片付けできる神戸のここから事務局に発送します。受付が完了すると、事務局より減免承認書と有料粗大ごみ処理券がおくられてきますので、あとは通常と同じような方法で粗大ごみを指定場所にだせばOKです。
神戸ならどんなホームページ制作できるのは書類の発送などがあるので申し込みから収集までは、2週間程度の時間が必要になります。
ひとり親減免でも対象外の粗大ごみがあり、エアコン・テレビ・洗濯機・冷蔵庫・衣類乾燥機・パソコンは通常と同じ処理手数料となります。