大型不用品回収はお金も手間もかかりますね

大型の不用品回収って凄く面倒臭いですよね?兵庫で不用品回収を頼むとなると我が家でも昨年古くなった3つ式のソファーとタンスと木製のテーブルを処分しました。家に軽トラでもあれば直接ゴミ焼却センターにでも持ち込むところですが、我が家には軽トラどころか車さえありません。そこで色々な民間の粗大ごみ回収業者を探したのですが、大型家具3つともなると家具自身のの引き取り料に加えて取りに来る引き取り料もかかるので、不用品回収でも神戸からはもう少し数万円という業者もありました。そこで一つ考えたのがタンスとテーブルは木製という事で、燃えるごみとして処分できないか?という事でした。早速、自治体が運営してるゴミ焼却センターに問い合わせをしたところ、規定の大きさにカットして市のごみ袋に入れば、燃えるごみとして処分するよという事でした。ゴミ屋敷の清掃や片付けを神戸で頼むとこれは良い話を聞いたと思い以前から保有していた電気のこぎりで小さくカットして時間はかかりましたが少しずつ細かくしていき遂に全部市のごみ袋に入れる事ができました。そのまま燃えるゴミの日に出すとシッカリと回収の車が持って行ってくれました。これだけでも1万円以上は得をしたと思います。残念ながらソファーの方はお金を払って処分しましたが、これから不用品の処理を考えている人は、一度自治体に相談してみる事をおススメします。まあ、自治体によっても違うとは思いますが