単身赴任から帰任時の不用品回収

単身赴任先での暮らしでも、家具や家電も最低限は必要です。どうしても粗大ゴミが神戸ではここにはとても家具はマンションにクローゼットがある場合には、衣装ケース程度で済ます事も出来ますが、洗濯機・冷蔵庫・テレビ・掃除機等の家電はやはり必要です。単身赴任はいつかは解消され、帰任して自宅から通勤する生活に戻るものです。そんな帰任時の引越し時に、様々な不用品の処分が必要となります。細かい生活用具で、自治体のゴミ回収ルートで処分できるものは、少しづつ処分すればOKです。しかし大型の家具や家電は処分に困る事が少なくありません。テレビ等は、自宅に引越し荷物として持ち帰り、活用する事が出来ます。しかし洗濯機や冷蔵庫を持ち帰っても、一家に2台必要なものではありませんし、置き場に困るだけです。また持ち帰って処分するとなると、引越し荷物となり、引っ越し費用が掛かります。従って、単身赴任先で不用品回収してもらい、引越し荷物を減らすのがベターです。不用品回収をしてもらえる業者さんは、ネットで「不用品回収、単身赴任の市町村」をインプットして検索すれば何社かヒットします。その中から最寄りで、まだ使えるものは買取ってもらえる業者さんを選定し、引越しの前日に日時指定して不用品回収してもらうのがお勧めです。