我が家が頼んだ大型不用品回収

過去大晦日の直前に引っ越しをしたことがあります。それまで年末の時期に引っ越しした経験がなかったもので、不用品回収で困った時、神戸では特に何も準備せず悠長に構えていました。しかし直前になってばたばたと引っ越しの日程が決まったときには、大晦日が近づいており引っ越し屋さんも年末ということで営業を縮小中でした。すでに年内の予約はいっぱいで都合がつかなかった我々は、引っ越し屋さんに頼らず自力で引っ越しする羽目になりました。なんとか普通の宅配便でいっぱいの段ボールの荷物を運ぶ算段はついたのですが、どうしてもソファーや食器棚などの大型家具を持っていくことは出来ず泣く泣く処分を決めました。ただし、大型の不用品は自治体の決まりで、不用品回収でも神戸ならできると専門の業者に予約してからお金を払い引き取りするという仕組みでした。このとき既に年末で専門業者も営業を終えていたので、大型の不用品を処分することもできなくなってしまいました。そこで役に立ったのがチラシで案内が入っていた大型不用品回収の業者です。はじめは駄目でもともとの気持ちで電話したのですが、年末にもかかわらず快諾してもらえました。ゴミ屋敷でも清掃や片付けを頼むと神戸の業者はお金は予想よりだいぶかかってしまいましたが、当時は本当に困っていたので助かりました。